こんなんおひとつ

おすすめしたい作品の感想と考察

天使様、どうか僕の意味をください。ゲーム『さよならを教えて』ネタバレ感想

私がこのゲームのことを知ったのは、もう10年以上も前のことです。
 
休み時間に友人が、いきなりこう言いました。「さよならを教えてが頭の中でループして離れない」と。
 
家に帰ってすぐに、友人から借りたI'veの『OUT FLOW』というアルバムを取り出し、プレーヤーにかけて聴きます。
 
さよならを教えて ~comment te dire adieu~

さよならを教えて ~comment te dire adieu~

  • MELL
  • アニメ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

重く始まるイントロのその曲は、ゲームと同じ『さよならを教えて』というタイトル。

それは当時の私にとって、あまりにも衝撃的な歌詞でした。

 
 

鬱と、狂気と、電波と

 
それからゲームについてを調べると、どうやらプレミアが付いているらしいとのこと。さらに当時私は高校生だったので、ゲームをプレイすることもできません。
 
しかし大人になって、あそBDで再販することが決まりました。発売日にワクワクしながらゲームショップに行き、夢中になってプレイしました。
 
ゲームの舞台は決まっていつも、黄昏時の校舎の中です。気怠げなBGM、陰鬱な文章、徐々に周囲と自分が狂っていく演出、どこかおかしいけれど美しい少女たちのイラスト、そして永遠の夕暮れ時に包まれた空間……
 
主人公である人見は、教育実習生としてこの学校にやってきました。一面のオレンジ色の教室の中で、彼は生徒たちと日々邂逅します。
 
その中でも、彼が天使と呼んでいる睦月(むつき)は、特別な存在です。毎晩彼の夢の中では、天使の姿をした睦月が、怪物に襲われているのです。
 
それでも彼は、足繁く彼女がいる教室に足を運びます。 しかし繰り返される日々は、やがて突然終わりを迎えます。
 
 
睦月は彼に、もうすぐ天に帰るのだと告げるのです。
 
 
お察しの通り、人見は精神を患っています。さらに睦月は彼と同じくこの病院の患者で、じきに退院するのです。オレンジ色の校舎は、本当は真っ白な壁に囲まれた精神病院なのでした。
 
 

人見広介という男について

 

「さよならを教えて」は、人見広介(ひとみひろすけ)の内面の葛藤と、その結末を描いた物語だと私は思います。

 
このゲームを、ただの狂った男の妄想だと片付けるのは、あまりにも簡単です。なので私は、人見広介という人間について考えます。
 
 
彼はなぜ、こうなってしまったのだろうかと。
 
 
彼は教師を目指していましたが、受験に失敗し、心を閉ざしてしまいます。そして自分のことを、教育実習生だと思い込むようになったのです。
 
教師になりたい。僕はどうしても教師にならなければいけない。でも、僕は教師になれなかった。いや、僕は教師になれるのだ。そう、僕は教育実習生なのだから……
 
そんな彼のことを、どうして狂人だと笑うことができるのでしょうか。私には、そんなことはできませんでした。
 
彼は最後に、教育実習生であることから、さよならを告げます。しかしそれは同時に、研修医としての新しい日々の始まりに過ぎません。
 
 
彼はきっと、自分を受け入れることができないのではないでしょうか。
 

彼の生きる意味

 
意味がないのは嫌だ、と彼は言います。教師になれない僕には価値なんてない。じゃあ一体、僕の価値って何なんだ?
 
自身の矛盾する思想に、彼は苦しめられます。だから、さよならできない。それは同時に、彼の存在する意味をなくしてしまうのだから……
 
なんだか、書いてて悲しくなってきました。自分のことを認められない不器用な彼が、唯一自分の存在意義を見いだせる空間。それがあの、オレンジ色の教室だったのだから。
 
どうか早く、誰か彼を救ってあげてください。でも、誰よりも彼自身が、一番こう思っているのかもしれません。
 
「天使様、どうか僕にさよならをする方法を教えてください」と。

 

 

プライバシーポリシー | お問い合わせ
© 2016-19 こんなんおひとつ