こんなんおひとつ

おすすめしたい作品の感想と考察

この生命、燃やして。映画『美少女戦士セーラームーンR』ネタバレ感想

 
ああ、そういえばこのシーン、いのち燃やしてたんだよなあ。
 
近所のスーパーで、セーラームーンウエハースを買いました。ただのウエハースではありません。なんといっても復刻版プラカード付きのウエハースです。
 
現在はリメイク作品としてセーラームーンCrystalが放映されていますが、しかしこれは復刻版。それは当時、幼かった私が擦り切れるほど見続けたVHSテープの中の、セーラームーンの絵柄だったのです。
 
 

セーラームーンの映画

 
早速ウエハースをかじりながら袋を開けてみると、「劇場版美少女戦士セーラームーンR」のワンシーンをイラストにしたカードが出てきました。
 
そこにはセレニティエンディミオンの二人が並んでいます。そしてプラカードの下の方には、「生命(いのち)燃やして!」の一文が小さく添えられていました。
 
ところで、セーラームーンの映画って見たことありますか?
 
アニメは見たことあるけど、映画は見たことないという人も、中にはいるのではないでしょうか。この映画が上映されたのは1993年、もう20年以上も前のことですね。
 
 
実はこの映画、めちゃくちゃドラマティックで、めちゃくちゃ熱いのです。
 
 
物語は、主人公であるうさぎとその仲間たちが、みんなで植物園に遊びに行くシーンからスタートします。
 
女の子向けのアニメなので楽しい映画なのかと思いきや、それも数分で終わります。なので本編は最後まで、基本的にシリアスです。
 
さて、この映画にはフィオレという敵が登場します。しかし、やはり劇場版なので、とてつもなく強いです。このフィオレによって、うさぎたちの住む世界は、危機にさらされます。
 
 

一人の女の子の物語

 
そしてラストはフィオレの手によって、うさぎ以外の仲間たちは次々に目の前で囚われ、彼女が苦しむ姿をこれでもかと見せ付けられます。フィオレはセーラームーンに向かって、武器を手放せと言い放ちます。
 
仲間たちは、懸命にセーラームーンに訴えかけます。世界を救えるのはあなただけよ、戦いなさいセーラームーン、と。
 
 
しかし彼女は、武器を降ろします。
 
 
やめた。みんなごめんね、あたし戦えない。みんなのこと大事だもん
 
 
びっくりしますよね。敵のフィオレもびっくりです。彼女はみんなを守る正義のヒロインなのに、大事な人のために全てを放棄してしまうのです。
 
そんなセーラームーンの姿に、仲間であるマーズは「いくじなし!」と彼女を叱ります。自分の利害を優先し、友達を救うために、戦うことを放棄したセーラームーン。
 
果たして本当に、セーラームーンはいくじなしなのでしょうか?
 
 
だってセーラームーンは、友達のことが大好きな、ただの女の子なのです。
 
 
そして、なんだかんだで巨大な隕石が地球へと降り注ぐことになります。その進行を止めるために、セーラームーンは、まさに生命を燃やして、銀水晶の力を解放します。
 
この銀水晶を使うと、セーラームーンはめちゃくちゃパワーアップしますが、代わりに命を失ってしまうのです。
 
そしてラストシーン。力を使い果たして横たわるセーラームーン。仲間たちが見守る中、うさぎは目を覚ましてこう言います。
 
 
言ったでしょ。全部あたしが、守ってみせるって
 
 
そして、世界の平和は守られたのでした。
 

純粋な願い

 
彼女が生き返ったのは、敵のフィオレがセーラームーンに力を与えたからという設定がありますが、これはご都合主義なのでしょうか。
 
誰も犠牲を出したくないと願い、地球や、そして自分も仲間も守りきったセーラームーン。
 
それでも私は、この映画のラストシーンは、これでよかったのだと思います。
 
 
生命を燃やして、愛する人を守りたい。
 
 
それはまっすぐで、純粋で、優しい女の子のお話でした。
 
 
 
おすすめ

 子供向けのアニメ映画

 大人でも楽しめます

 アマゾンプライム配信あり

f:id:kotoshinoefoo:20181120190926j:plain

TVシリーズ未視聴でも大丈夫です。プライム会員なら、プライムビデオ配信で観るのがおすすめです!

 

プライバシーポリシー | お問い合わせ
© 2016 こんなんおひとつ