こんなんおひとつ

おすすめしたい作品の感想と考察

少女漫画かと思ったら昼ドラだった。漫画『罪に濡れたふたり』ネタバレ感想

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!

「おれは少女漫画を読んでいたと思ったらいつのまにか昼ドラを見ていた」

な…何を言っているのかわからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった…

近親相姦について調べていると、『罪に濡れたふたり』というタイトルが目に入りました。

近親相姦がテーマの漫画


なぜそんなことを調べていたのかというと、以前『恋風』という漫画の感想を書いたからです。


www.kotoshinoefoo.net


『恋風』と『罪に濡れたふたり』の共通点は、どちらも近親相姦を扱った作品ということです。

『恋風』は男性が主人公として描かれていましたが、『罪に濡れたふたり』は女性が主人公です。

そのため、物語のベースが青年漫画ではなく少女漫画なところが、『恋風』との大きな違いになってきます。

どちらも「恋」を主題にしているところは同じです。しかし、その「恋」の描き方が180度違うのです。


あまりの違いに、「同じテーマなのにここまでテイストが変わるのか…」と腰を抜かしそうになりました。


『罪に濡れたふたり』の物語は、主人公の香純(かすみ)が、ローマに傷心旅行をするところから始まります。

香純は、ローマで出会った日本人の男の子と、一夜限りの思い出を作ります。

しかし日本に帰ると、15年ぶりに再開した弟の由貴(よしき)こそが、あのロマンスの相手だった……というものです。

1話だけ見ると、『恋風』の展開とあまり変わりはありませんね。あちらは1話では寝ていませんが…

神様
あたし達は
罪を犯すために
出逢ったのですか?



このセリフから分かるように、『罪に濡れたふたり』では、人間の欲望や葛藤が非常に生々しく描かれます。


この作品は、場面演出心理描写が、とても巧みだと思います。あまりの怒涛の展開に目が離せず、気付けば一気に全巻読んでしまうほどです。

昼ドラのような人間関係の複雑さ次回への引きの良さを兼ね備えながら、少女漫画としてのエッセンスも決して忘れません。

昼ドラといえば、有名な『牡丹と薔薇』のたわしコロッケ財布ステーキなどが頭に浮かびますが、それと同じくらいのインパクトが『罪に濡れたふたり』にも多くあります。

切ないシーンなのに、笑ってはいけないのに、なぜだかどうしても笑ってしまいそうになる。

ジャンプ漫画の『バクマン。』風に言うと、シリアスな笑いがこの作品には存分に含まれているように思います。

そしてさらに、『罪に濡れたふたり』では、毎回トーナメントバトル戦のように敵キャラが入れ替わり立ち替わり現れて、中には事故によりこの世を去ってしまう者もいます。


それほどまでに、この物語は登場人物に対して容赦がありません。

モラルのカンスト


『罪に濡れたふたり』には、エピソードごとに大まかなテンプレがあります。

姉弟の前に敵キャラが現れては引き裂かれ、そして二人の結びつきはより強くなり、しかし更なる強敵が現れ……の繰り返しです。

そのため、2〜3巻辺りで大体展開が読めてくるのですが、驚くことに敵の強さが読者の想像の遥か上を越えていくのです。

序盤の強敵は、弟の由貴の元彼女の恭子(きょうこ)と、姉の香純の友人の和樹(かずき)です。

恭子は由貴の心を取り戻すために二人を罠に掛けようと、寝ている由貴のベッドに潜り込み、子どもを作ろうとします。


まるで頭脳戦のように繰り広げられる戦いの様子は、さながら『デスノート』のようです。


作戦通り妊娠した恭子でしたが、なんと香純とわざと揉め、突き落とされたかのように自分から階段から転がり落ちた結果、流産してしまいます。

お父様 お母様
みんな私がいけないのよ
きっとお姉様
さみしかったんだと思うわ
私に弟(由貴)を奪(と)られそうで
だから……
だから お姉様を
責めないであげて


そう言って、勝ち誇った夜神月のように恭子は笑います。

しかし、香純も決して折れることはありません。

恭子さんが階段から落ちた時
あたし
“もしかしたら赤ちゃんが”って
心配したんじゃない
期待したのよ


泣きながら、そんな自分のことを怖いと言う香純。

だったら妊娠なんて
有り得ないんだ
無意識でもオレが一番
気をつけてることだから
避妊は


そして、元彼女の恭子に向かって、ハッキリとそう言い放つ由貴。

ちなみに恭子の産んだ子どもは、赤の他人の子どもでした。

一生香純のそばにいたい
許してくれるか──?


香純を無理やり抱いたあと、この言葉を残して、文字通り一生消えない爪跡を残して事故死した和樹。

お気付きの通り、この物語の登場人物はモラルをかなぐり捨ててまで、自分の望みを叶えようとします。


なぜそこまでするのか?
なぜ誰も、一歩も譲ろうとしないのか?


正直、初めてこの漫画を読んだ時は、登場人物達の気持ちがよく分かりませんでした。

願いを叶えるということ


幸せに
なりたかっただけなのに


ですが改めて読み返してみると、香純のこの言葉を見た時、先日感想を書いた『仮面ライダー龍騎』という作品のことを思い出しました。


www.kotoshinoefoo.net


『仮面ライダー龍騎』はニチアサの番組でありながら、自らの願いを叶えるために、13人のライダー達が殺し合うというショッキングな物語です。

その13人の中には、自分の幸せのためにライダーになる男が登場します。

彼は死に際に、香純と全く同じ言葉を口にします。


「幸せになりたかっただけなのに」と。


『罪に濡れたふたり』のキーワードは、タイトル通り「罪」だと思います。

幸せになりたいと願う二人の前に、様々な試練が立ちはだかります。そしてその度に「地獄に堕ちてもいい」と言いながら、何度も愛を確かめ合うのです。

誰かの願いを叶えるためには、誰かの願いを犠牲にすることだと、私は『仮面ライダー龍騎』から学びました。

なぜそこまでして……と思うかもしれませんが、人には皆、戦わなければならない理由があるのです。

姉さんを取り戻すためなら
どんなウソだってつく
あなたを平気でだます
どんな悪にだってなれる

あたしには
好きって気持ちしか
すがるものがないの
由貴は誰にも渡さない
たとえ誰を傷つけたって!


私は最初、『罪に濡れたふたり』をエンタメとして楽しんでいたのですが、もしかしたらこの作品は人生そのものなのかもしれないと思うようになりました。

そもそも近親相姦というものは、禁忌として扱われています。

つまり血縁者と恋に落ちることは、それだけで何かを犠牲にしなければならないということを意味します。

『罪に濡れたふたり』は、一つの願いを貫くために生まれた多くの犠牲を、これでもかと描いた作品だと思います。

襲いかかる数々の試練


しかもその犠牲は、生半可なものではありません。

二人の母親の部下である簾(れん)と香純の偽装結婚などは序の口で、母親の目の前で姉弟揃って心中を謀ったり、恭子が由貴を脅して入籍させたりと、一つ一つのエピソードが殴りかかるように襲ってきます。

その他にも、個人的に印象に残っているセリフは、

…どうしてだよ
どうして誰もやめないんだ
…こんなにも 誰一人
幸せじゃない恋があっていいのか──?


という簾の悲痛な叫び。そして、

近親相姦の上
母親殺しなんて罪
犯さずにすんだ──


と言い放つ由貴。さらには、

体外受精であなたの子を産むのよ


と由貴に向かって笑いかける恭子。


このように、頭が追いつかない展開が、まるでジェットコースターのように相次ぎます。


そしてすれ違いの果てにようやく、香純と由貴は二人だけの幸せを掴みかけます。

しかし簾による策略で、香純は警察に連行され、香純は由貴と引き離されてしまいます。

ずっと反対されて
あたし達はおかしいって
蔑まれて罵られて
逃げ続けて
それでも愛し続ける事を選んだのよ

それ以上の気持ちなんて
ないって どうして
わからないの──


この香純の言葉が、私は一番胸に残っています。


人を愛するということは、果たしてなのでしょうか?


そして離れ離れになってしまった二人は、最後に思い出の地ローマで落ち合うことになります。


しかし一足先にローマへと旅立った由貴が、なんと列車事故により死亡してしまうのです。


行くところまで行き着いた二人は、ここでようやく物語としてのピリオドを打つことになります。

葬式を終え、埋葬されてしまう由貴。その後、思い出の場所で、毎日来るはずのない由貴を待ち続ける香純。


そこに現れたのは……


…あなたは
香純は 何があっても
ずっと──
…オレを待っててくれる
筈だって──…っ



い…生きてた!由貴生きてたよ!


そして誰も知らない土地で、二人は永遠の愛を誓い合ったのでした。

「愛と覚悟」の物語


……こうして最後まで読んでみると、とてつもないパワーとエネルギーに満ち溢れた作品だったと思います。

文章に書き起こすと随分あっさりしているようにも思えますが、実際はこの200倍ほどパンチがありました。

しかしこの読了感、何かに似ているような……



そうか、『ジョジョの奇妙な冒険』だ!




www.youtube.com


人を好きになることの覚悟と、人を愛することの重み。

その究極の形を、『罪に濡れたふたり』を通して、私は体験してしまったのだと思います。


「覚悟はいいか?オレはできてる」


頭のどこかで、ブチャラティの声が聞こえた気がした。



おすすめ

罪に濡れたふたり(1) (フラワーコミックス)

罪に濡れたふたり(1) (フラワーコミックス)

恋愛を越えた少女漫画
全18巻・完結済み
一応ハッピーエンド

f:id:kotoshinoefoo:20181120190926j:plain

続きが気になるタイプの漫画なので、一気に最後まで読むのがおすすめです!


プライバシーポリシー | お問い合わせ
© 2016-19 こんなんおひとつ